予防歯科・定期検診

予防歯科・定期検診

どんなに年齢を重ねても、いつまでも健康で丈夫な自分の歯で食事をしたいものです。丈夫で美しい歯、健康な歯ぐきを保つためには、定期的に歯科医院に通っていただくことが最も重要なことだと考えています。
私たちが生きていくために必要となる食事、それには、お口の中の健康状態が大きく関わりますし、虫歯や噛み合わせなどによって骨盤の歪みなど身体全体の病状などにも影響があります。そうならないためにも、日頃の適切なブラッシングでしっかりと虫歯・歯周病予防をして定期的な検診を行い、お口の診断と歯のクリーニングを心がけましょう。 また、定期検診を受けることにより虫歯・歯周病の早期発見につながりますので、簡単な治療で時間も費用も大きく削減できるというメリットがあります。
虫歯が無い人でも、「虫歯かな?」と思っている人でも一度当医院の定期検診にお越しください。

定期検診(メインテナンス)の重要性

定期検診(メインテナンス)は治療後の健康な歯を持続させるため、定期的にお口の中を管理して歯の健康を維持していく事が目的となります。
特に歯周病は再発が多いとされる病気でその原因のほとんどが治療後の定期検診(メインテナンス)をしていない事が多いようです。
みなさんの中にも経験があるかもしれません、虫歯・歯周病の治療後はまだつらかった日々が鮮明に残っているため、非常に丁寧なブラッシングしていますが、時間が経つにつれ以前のつらかった症状を忘れブラッシングもだんだんとおろそかになってしまう場合があり、2~3年後には再び歯周病菌が増殖してしまうケースです。
また、再発した歯は以前治療をした時より弱くなっている場合があり、再治療の時にまったく同じ治療ができるとも限りません。結局は費用も時間も以前より多くかかってしまい、後悔してしまうという場合が多いようです。

虫歯・歯周病の予防のために

昔からある虫歯・歯周病の基本的な予防方法の一つとして、歯磨き(ブラッシング)があげられるかと思います。しかし、毎日歯磨きを やっている人でも虫歯になった人は多くいらっしゃいます。それは、ブラッシングに対する一人一人の認識の違いもありますが、やはりひとの手による歯磨きだけでは、虫歯の原因の細菌を完全に除去することが難しいためです。
歯ブラシが届きにくい奥歯の裏側や歯の隙間、歯周ポケットには歯垢が溜まりやすくその中には虫歯の原因となる細菌がたくさんいます。虫歯や歯周病の原因となっている 歯垢を取り除くには、歯磨きだけでなく、歯科医院で定期的な歯科検診を行い、歯のクリーニングにより歯垢を除去する必要があります。

フッ素コーティング

虫歯予防に非常に効果を発揮する、おなじみ『フッ素コーティング』です。自然治癒力で知られる再石灰化を促進し、虫歯に対して強い抵抗力を持った歯質にしてくれます。また、口腔内環境を改善し、虫歯菌の酸を作る力を弱めてくれます。
フッ素は生えて間もないほど効果があると言われ、特に生えかわりの時期は積極的にフッ素を塗布したいものです。

歯のクリーニング(PMTC)

歯垢の除去には主にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が最も効果的です。
PMTCとは歯垢を除去するための専門的な機器を使い普段の歯ブラシでは行き届かない、歯の隙間や歯周ポケットの歯垢を除去し、同時に歯の表面を平につるつるに磨き上げ歯垢がつきにくくすることで虫歯や歯周病の予防に効果を発揮いたします。