入れ歯治療(ノンクラスプデンチャー)

入れ歯治療/ノンクラスプデンチャー〈自費診療〉

金属不使用で目立たず破折に強いノンクラスプデンチャーは、従来の入れ歯とは異なり審美性・機能性ともに特化した最新の義歯です。部分義歯の場合 残っている歯に金属のかけがね(クラスプ)をかけて入れ歯をもたせることになるのですが、前歯に金属のかけがねが見えて気になる方にはこのノンクラスプデンチャーが最適です。見た目では入れ歯が入っているのがわからないぐらい自然な美しさがあります。
通常の保険義歯では、強度のためにある程度の厚みが必要となりますが、ノンクラスプデンチャーは軽く・薄くできるのが特徴で、違和感がありません。
また、外側だけでなく、内側の金具もなくなるので目立たずフィット感が良く、違和感も少なくなります。お手にとって比べて頂ければ、弾力性や重量感も
感じていただけるかと思います。
入れ歯に関するお悩みなどございましたら、ご来院ください。

ノンクラスプデンチャーの特徴

◎ 金属を使わずナイロン樹脂で作られ、薄く・弾力性に優れています。
◎ 金具が不要なため目立たず、入れ歯でいることを感じさせません。
◎ 耐久性・快適性・審美性・噛む力に優れています。
◎ 金属を使用していないため、金属アレルギー等の心配がいらない。
◎ 材料のスーパーポリアミドは、FDA(アメリカ食品医薬局)承認材料で安心です。

弾力性に富んだノンクラスプデンチャー

弾力性に富むナイロン樹脂で作られた、金具の無い部分入れ歯ノンクラスプデンチャー。ひねってもねじっても割れないこの弾性が、ノンクラスプデンチャーに特別な性質を付加させています。つまり、樹脂を薄く作っても割れずに安心。自然な美しさを口元に再現いたします。また、保険の入れ歯と比較しても材質的知見から、ノンクラスプデンチャーは金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がありません。また、高い弾力性による適度な維持力があり、フィット感を得られ入れ歯でいることを感じさせません。構造的知見からは、金属クラスプ(バネ)がないことにより審美性に優れ、口腔内損傷を防止します。

※写真は実験です。絶対に真似をしないでください。人為的な破損に関しては保証の対象外となります。

安心の材質

当院で使用しているノンクラスプデンチャーの材質であるポリアミドの安全性は、すでに世界的に証明済みであります。また、国内の衛生研究所にて厳しい検査の結果、オールクリアと照明されノンクラスプデンチャーの安全性は証明されました。

その他の入れ歯治療

レジン床義歯〈保険診療〉

プラスチックで作られた入れ歯です。保険診療となりますので比較的安価で作ることができます。短期間で作ることができ、調整しやすく、ヒビなどによる修復もしやすいのが特徴です。

金属床義歯〈自費診療〉

装着時の接触部分が金属で作られているので、保険入れ歯に比べ薄く作られていますので、違和感が少なくしゃべりやすくなっています。金属製ですので壊れにくく、熱伝導性に優れ、温度が伝わりやすいためおいしく食事が出来ます。
保険のレジン床義歯の場合、薄くて軽い作りにすると強度が弱く、変形しないように強度を求めると分厚くなり、異物感が強くなってしまいます。また、金属床は温度感覚のある部分に金属を使用しているので「温かい」「冷たい」の感覚があり、お食事で満足感を得ることのできる入れ歯です。