一般歯科

一般歯科

治療前の患者さんとのコミュニケーションづくりはスムーズな治療を行うためにもとても大事なこととなります。患者さんから信頼を得るためにもわかりやすく親切・丁寧な説明を心がけ、しっかりとしたカウンセリングを行って参ります。そして、ひとりひとりの患者さんに合った最適な治療法を進めていきます。
きむら歯科クリニックは無痛治療(痛くない歯科治療)を心がけています。削る量はできるだけ最小限に抑え、抜かずに残す保存治療を行うようにしています。また、虫歯は早期に発見して早めの対策を行うことで、初期むし歯ならばブラッシング指導やフッ素塗布、定期的なクリーニング(PMTC)で経過観察を行い、削らずにすむことが可能です。結局は早期発見が治療回数を短縮し、コストを抑えることにつながります。
きむら歯科クリニックでは、歯をよくする治療を目指し、『お口のことなら何でも気軽に相談できる』、そんなホームドクターでありたいと思っています。小さな虫歯から大きな虫歯の治療や歯周病の治療、お口に関する病気の治療を行います。

虫歯治療

虫歯治療は大きく分けて「つめる治療」と「かぶせる治療」の2種類があります。まだ症状が浅い小さい虫歯の場合、「つめる治療」を行います。しかし、歯の神経に達するほどの大きな虫歯に対しては「かぶせる治療」を行います。ひどくなると神経を除去する場合もございますので、費用も時間もかかってしまいます。

つめる治療

小さい虫歯の場合、虫歯部分を削り消毒とお薬を塗り簡単なつめものをします。治療期間も短く、費用も安く済みます。

かぶせる治療

大きな虫歯の場合、虫歯部分を削り土台を作ります。最後にかぶせものをして治療が終わります。虫歯がひどい場合は、神経を除去する場合もあります。
大きな虫歯治療になると段階をおって治療を進めるため、治療期間も長く費用も高くなってしまいます。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まったプラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌が原因で歯肉に炎症を起こす病気です。一般的に歯ぐきだけの病気と思われがちですが、ひどい状態になると骨にまで達し歯を支える歯槽骨が溶けて、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
最近では歯を失う原因のナンバーワンと言われ、平成17年の厚生労働省「歯科疾患実態調査」では、15~24歳が36.5%、35~44歳が84.27%、55~64歳が85.79%の人たちが歯周病を患っていると言われています。特に40~50歳代では歯周病による歯の喪失が多く60歳代では平均10本の歯を喪失しています。
歯周病は自覚症状がほとんどありません。そのため、異常に気づいた時にはすでに遅く手遅れとなってしまいます。そうならないためにも虫歯同様、早期発見・早期治療を心がけておきましょう。

歯周病の主な症状

◎ 歯肉が腫れている気がする
◎ 口臭がひどい気がする。また、周りの人に指摘されたことがある。
◎ 歯磨きをすると歯茎から血が出る
◎ 歯がグラグラと動く
◎ 歯肉から膿が出る
◎ ものを食べると歯の隙間に食べ物が挟まりやすい
◎ 硬いものを食べると痛みが走る
◎ 歯が伸びたような気がする(歯肉が後退している)
◎ 口の中がネバネバしている
◎ 歯茎がムズムズして、歯が浮いたような感じがする