インプラント

インプラント

インプラントで自然の歯と近い噛み心地を実感してください。
以前までは、歯を失うと入れ歯やブリッジを使用するのが当たり前でした。しかし、噛み心地も悪く、ちょっとした拍子に外れたり、手入れも面倒なこともあり実用性があまりありませんでした。
インプラント治療は、歯を失ったところにチタン製のインプラント(人工歯根)を直接顎の骨に埋め込み、その上から金合金やセラミックスで作製した冠を取り付ける治療法です。従来の入れ歯やブリッジといった治療法とは異なり、インプラント治療は失った歯のところだけに治療を施すことが可能で隣の歯を傷つけずに治療を行えます。さらにインプラントの大きなメリットとしましては、もとの自然の歯に近い噛み心地と機能性を取り戻す事ができます。

インプラントの特徴

インプラントは、チタン製で出来ているため生体組織に近く、埋め込まれたインプラントは治療後約2ヶ月~6ヶ月くらいでまわりの骨と結合しますので、自然の歯根のような土台になります。自然の歯と同様の感覚で噛むことができ、審美性も良好です。

インプラント治療を受けるための注意点

インプラントの治療には、身体状態などによって治療が不可能な場合もありますので、医師との十分な打ち合わせ・カウンセリングが必要となってきます。まずは、お気軽にご相談ください。

インプラントの治療例

1本歯を失った場合

インプラントは1本だけの単体での治療が可能となりますのでブリッジ治療とは異なり、となりの健康な歯を削る必要がないため、自然な美しい歯を再現できます。

数本失った場合

直接顎の骨に埋め込むため、今までの部分入れ歯などとは違い留め具が無いため金属の違和感や噛み心地の不安感などがありません。自然の歯根同等しっかりと固定されていますので、かたいものも安心して食べられます。

全ての歯を失った場合

数カ所にインプラントを埋め込みしっかりと固定しますので、総入れ歯とは違い外れたりずれたりする心配がありませんので、安心して食事を楽しむことができます。

インプラントの種類

インプラントには2種類あります。一体型タイプ(1 part type)と2つに分かれるタイプ(2 part type)です。1 part typeの特徴は、強い強度を持っていることです。力のかかる奥歯などには、1 part typeが適しています。2 part typeは二つに分かれるために、豊富なバリエーションを持ち合わせています。審美性を重視する前歯に適しています。また、他の治療とあわせて行う時にも適しています。(例:抜歯直後、骨造成との併用など)
両方のタイプも、治療から2ヶ月で人工の歯を被せて、噛めるようになります。

CT解析

通常のレントゲン撮影の結果、より安全性に配慮しなければならないケースについては、CTスキャンの画像にインプラント専用のデータ解析ソフトを用いてシュミレーションし、安全・確実なインプラント治療を行います。(CTスキャンは提携施設での撮影になります。)

インプラント治療の流れ